2013年1月27日日曜日

No title

おちゃつのちょっとマイルドなblog様の企画に参加させていただきました。年をまたぐのを判断に入れるかは任せる、と言うことでしたがうちでは最優秀賞と特別賞とベストキャラ賞については今期で完結しない作品は除いてます。一応来年まで続くの含めるとキャラ部門(男)は風早くんになるかな。
OPとEDは今クールまでは含んでます。こっちは作品の完結関係ありませんし。

・最優秀賞 化物語
けいおんとBASARAと迷いながらですが、売上などから見てもやはりこの作品ではないでしょうか。シャフトの人員不足でなでこスネイクが未完成品でしたが、それはご愛嬌ということで。むしろ自分の場合アレ見て「しゃーねーなー完全版買ってやんよw」という感じでブルーレイ予約しましたし。

終始センスの高い演出、登場人物たちの軽妙な掛け合いなど魅力が多かったです。会話だけでも全く退屈しませんでしたからね。いやー、いい作品でした。

・特別賞 宙のまにまに
大穴と言うことでこれを推します。後から見たのですがなんでアレリアルタイムで見てなかったんだろうねっ。とても密度が高い作品で、一話見終えたかのような満足感を得たと思ったらまだAパート終わっただけだったよ!という稀有な体験をできた作品でした。

あと見ていて星を見に行きたくなる素敵な作品で、完全に余談になりますが俺の中では実際山の方へ見に行ったらカーセッk(以下自主規制)と出くわしたという結構アレなエピソードもあったりします。あれは一緒に見に行った友人共々びっくりしたわー。そして現実こわい。星ぐらい清らかな気持ちで見させてくれ。…まあきっと俺たちよりもそれに出くわしたカップルの方々のほうが驚いたとは思いますが。あんな山の中
普通来るとは思わないよね!

ただまあなんか恋愛的な意味で気になる話をDVDに入れるとは…うぐぅ。あのね商法ほどひどく無いけどね!

今年は夏開始作品にそこまで目立たなかったけど実は面白かった作品、と言うのが多かったような気がします。まにまに然り、東京マグニチュード8.0しかり。

・キャラ部門(女) 加治木ゆみ:咲 -saki-
「槍槓だ。その槓、成立せずっ!」

のセリフがとにかく印象的ですが、モモとの絡みがある時のイケメンぶりがハンパなくて(おにゃのこですが)かなり好きなキャラです。加治木先輩がカッコいいこと言ってモモが真っ赤になるこの一連の流れがもうね!

・キャラ部門(男) 小十郎:戦国BASARA
BASARAには魅力的なキャラクターが多かったと思うんですが、特に彼は魅力的でした。男気に溢れ、主の政宗を常に立てるその姿勢に惚れました。

・OP部門 とある科学の超電磁砲:only my railgun
正直すごく迷いました。けいおん、BASARA、化物語、超電磁砲、DTBあたりのどれにするかって感じで。

しかしまあ最終的なところはどの曲が一番好きか、というのと、またこの作品のOPの、(美琴から見て)正義の側に属する人間は左を向いて登場、敵の側に位置する人は右を向いて登場する、という凝った演出(ちなみに佐天さんは左向きで登場しますが、幻想御手とバストアッパーに手をだすこともあってかその後初春と一緒に右側に走っていきます)についての考察を読んですごく感心したのが決め手でした。

・ED部門 化物語:君の知らない物語
けいおんとかなり悩みましたがこちらで。途中から一枚絵じゃなくなった辺りからのクオリティと、歌詞と作品とのリンクが印象的でした。特にテレビ最終回は良かったですね。素晴らしかった。


…ふう。こんなところか。今年もなんだかんだで色々なアニメに楽しませてもらいましたっ!

4 件のコメント: